読者の心に響くために、ブログには具体的な言葉を使いましょう

スポンサーリンク
ブログには具体的な言葉を使いましょうブログ初心者
ブログには具体的な言葉を使いましょう
スポンサーリンク

読者の心に響くためには、
具体的な言葉を使いましょう。

例えば、
以下のような言葉は
誰の心にも届きません。

  • とても
  • すごく
  • 長い
  • 短い
  • 大きい
  • 小さい

 

つまり、
誰にも感動を与えることは
できません。

また、
印象に残るような言葉では
ありません。
 
 
なぜなら、
抽象的な言葉だからです。
 
つまり読者に
「想像におまかせします」という
感じを与え、
相手まかせにしているからです。
 
下手をすると、
そこは自分で考えろと
いう印象を与えます。
 
 
わたしも昔、
文章についてよく上司に指摘されました。
今でも覚えている言葉があります。
 
それは、
「小学生みたいな文章を書くな」
という言葉です。
 
なぜなら、
以下のような抽象的な
言葉を目標設定で使っていたからです。
 
  • すぐに
  • とても
  • あまり

上記のような言葉は、
具体的なことを考えずに
使える便利そうに思える言葉です。

 

しかし、具体性がない言葉は
相手にイメージを起こす力は
ありません。

 

なぜ小学生みたいな文章かというと、
小学生の頃の感想文に
よく使われる言葉だからです。

小学生の頃に感想文を書かされた時に、
早く終わらせるために
あまり考えずに以下のような
文章を書いていませんでしたか?
 
  • すごく楽しかったです。
  • とても役に立ちました。
  • よくわかりました。

 

「小学生みたいな文章」という言葉に、
ひどく腹がたったことを
今でもよく覚えています。

なぜなら、指摘されていることが
ズバリ当たっていたからです。
 
あいまいで抽象的な言葉を
使って目標を適当に立てていたからです。
それは、目標設定を早く終わらせたくて
適当に書いたことを見破られたからです。
 
 

上司にしてみれば、
目標に対する成果を見て
評価する必要があります。

でも、
あいまいな目標を立てられると
あいまいな評価しか出来なくなります。
 
また目標達成の基準が評価する側の
主観にゆだねられてしまいます。
 
例えば、5個のミカンがある場合、
多いと感じる人もいれば
少ないと感じる人もいます。
 
相手の感じ方によります。
明確な基準がないから起こります。
 
「10個のミカンを手に入れること」が目標なら、
「5個のミカン」は少なく、
目標に程遠いことが明白となり、
評価する側も明確に評価できます。
 
 
ではどうすればいいのでしょうか?
 
  • 具体的な数字を使う
  • 具体的な色や形を使う
  • 例えを使って、相手が想像できるように表現する
  • 具体的にどういうメリットやデメリットがあるか

上記のような抽象的な言葉の利用を控え、
具体的で相手に響く言葉を使いましょう。

 

曖昧な言葉を使いそうになった時に、
自分にさらに具体的に説明するように
指摘すればすこしずつでも
具体的な表現に近づくことができます。

 

例えば、「長い」という言葉を
使いそうになった時に、
自分に「どのくらい長いの?」と
問いかけましょう。

それに対して、
違う言葉で回答しましょう。

例えば「10キロくらい」、
「東京の山手線1周くらい」とか
考えられる表現を探しましょう。

コメント