ブログ記事作成で役立つ文章力を鍛える3つの方法

スポンサーリンク
文章力を鍛える3つの方法ブログ初心者
文章力を鍛える3つの方法
スポンサーリンク

「ブログ記事を心を込めて書いてみたが、
読み返してみると伝えたかったことが
うまく説明できていない」
とがっかりしていませんか?

 

今回は、
ブログ記事作成で必要となる
文章力を鍛える方法を紹介します。

 

当ブログを書いているくうねるチャンネル@kuuneruchannel)です。
詳細なプロフィールが気になる方は、「くうねるチャンネルのプロフィール」をご覧ください。どうぞよろしくお願いします。
 
今回ご紹介する3つの方法に取り組まれると、
少しずつですが文章力が向上します。
 
「すぐに文章力を上げれる方法じゃないのか!?」と
残念な気持ちになったあなた、
世の中そんな甘くありませんよ。
しかし、時間はかかりますが確実に文章力が上がりますので
ぜひ試してみてください。
 
スポンサーリンク

1.わかりやすいと思った文章を写経する

 

本やブログなどで、
わかりやすい文章に出会うことがありますよね。

そういう文章をそのまま、
マネしてノートに手書きで写経しましょう。

マネることは、学ぶことです。

わかりやすく伝わる文章を体で覚えましょう。

 

あなたがわかりやすい文章と思った理由は、
だいたい以下のことを意識して書かれた文章です。

  • 読んでいてストレスを感じない(読みやすい)
  • 一文が短い
  • 最初に結論が書かれている
  • 主語と述語の位置が近い
  • 接続詞の使い方がうまい
  • 句読点を適度に使っている
  • ひらがなと漢字のバランスが良い

 

そういった読みやすさを
意識した文章を
体で覚えて、
考えなくても書けるようになりましょう。

 

2.映像を文章で表現する

 

映画やドラマ、アニメなどを文章で表現してみましょう。

その映像を見ていない人に説明するつもりで、
文章で表現します。

 

試してみるとわかりますが、
かなり苦労します。

1つ1つの場面の説明、
登場する人の動きや感情など
説明することがたくさんあるからです。

 

「百聞は一見にしかず」ということわざが
痛いほどわかります。

百回聞くより、1回でも見るほうがよく理解できるとは
こういうことだと思い知らされます。

 

でもそうゆう苦労して説明する力をつけると、
文章の表現力が飛躍的にあがります。

ただ何も意識せず映像を見ていた時には
気づかなかった些細なことも意識して
見る力もついでに養われます。

 

3.読んだことを自分の言葉に直して説明する

 

最後はこれまでの
「わかりやすいと思った文章を写経する」や
「映像を文章で表現する」で鍛えた文章力を使って、
読んだ文章を自分の言葉で説明しましょう。

 

決して、
読んだ文章をそのまま説明しては
ダメですよ。

あなたなりのアレンジを入れながら、
原文をさらに伝わりやすい文章に
リライトしてみましょう。

 

まとめ

 

今回ご紹介した
文章力を鍛える3つの方法は、
いかがでしたか?

順番に練習して行くと
時間はかかりますが
確実に文章力がアップします。

野球選手の素振りと同じで、
コツコツと努力できる人が
力をつけ、力を発揮できるようになります。

 

それでは、ぜひ挑戦してみてください。

 

コメント